安全への取り組み

安全のため、医療事故を防ぐための当院の取り組み

美容医療の普及にともない、麻酔事故が増加してきています。

美容医療の普及に比例して、医療事故も増加してきています。
医療事故といっても様々な内容がありますが、生命に関わる最も大きな事故は麻酔事故です。

麻酔事故は、1人の美容外科医が全身麻酔をかけながら手術を行うという危険行為を行うクリニックが増えてきていることが大きな原因となっています。

美容外科医は手術が専門であって、麻酔が専門ではありません。
もちろん美容外科医でも全身麻酔の研修を受けている医師もいれば、麻酔科医から美容外科医に転身した医師もいるので、1人で全身麻酔と手術が不可能ということではありません。

しかし、生命に関わる事故が起こり得る全身麻酔を、手術をしながら片手間に行って、本当に安全と言い切れるでしょうか。

当院で全身麻酔手術を行う場合、麻酔科専門の医師が麻酔を担当します。

大学病院など大きな病院では、安全性や専門性を考慮して全身麻酔は麻酔科医が担当し、手術は外科医が担当するという分業制が当たり前です。

当院のベイザー脂肪吸引手術では、吸引範囲が広範囲でない場合は静脈麻酔と局所麻酔(チューメセント法)を併用した麻酔法で行っていますが、吸引範囲が広範囲に及ぶ場合は全身麻酔が必要になります。

当院で全身麻酔による広範囲の脂肪吸引を行う場合には、麻酔科が専門で、大学病院や総合病院で様々な全身麻酔の経験を積んだベテランの麻酔科医師が全身管理を行い、美容外科医は手術に専念する、医師2人体制で手術を行います。

患者様の安全を最優先に、それが当院の基本理念です。

一部の美容クリニックでは、安全性より利便性を優先してなのか、初診の当日に広範囲の脂肪吸引手術を一気に行ってしまう場合があるようです。

当院で全身麻酔で広範囲の脂肪吸引を行う場合には、必ず全身麻酔検査を行い、検査結果を美容外科医と麻酔科医が二重にチェックしてから手術の可否を決定しています。
当然ですが、初診の当日に全身麻酔手術まで一気に行うという危険行為は行いません。

また当院では、麻酔科医が安全な麻酔管理を行うことができるように、大学病院や大きな総合病院と同様の医療ガス中央配管システムを全手術室に導入しています。

医療ガス中央配管システムとは、麻酔時や万が一の緊急時に必要な医療ガスのもとを1ケ所に集中し、施設の天井や壁の中に医療ガスの導管を張り巡らして、どの手術室でも医療ガスを即時使用することができる配管システムです。

患者様の安全を最優先に、それが当院の基本理念です。

医療ガス集中配管システム。どの手術室でも医療ガスを即時使用できるので安心です。

広くて清潔な手術室です。
麻酔や手術を安全に行うことができるように、最新の設備を導入しています。

無料メール相談 無料カウンセリング予約