ベイザーリポ手術の実際

ベイザーリポ手術の実際

1.手術のデザイン

脂肪吸引(ベイザーリポ)では手術の計画、デザインが重要です。
理想的な美しいボディラインに仕上がるように、取るべき脂肪、残すべき脂肪を考えてデザインします。
通常ボディライン(スタイル)は立位で評価しますが、手術は寝た姿勢で行うためボディラインが変化してしまい目安になりません。このため手術前に立位でデザインし、これを目安に手術を進めます。

2.麻酔

当院のベイザーリポは、静脈麻酔や全身麻酔で眠った状態ですべての施術を行います。
麻酔で眠った後、脂肪吸引する部位を小さく皮膚切開し、皮膚を保護するスキンプロテクターを装着します。
ここから細い管(カニューレ)によってチューメセントという局所麻酔液を脂肪内に注入します。

3.超音波(ベイザー波)の照射

チューメセントによって浮腫んだ脂肪層に超音波プローブを挿入して、ベイザー波という特殊な超音波を照射します。
ベイザー波によって、脂肪層の中の血管、神経、線維組織を壊さずに、脂肪だけをドロドロに溶かします。(正確には、塊状の脂肪細胞をバラバラにほぐします。)

4.脂肪吸引

刃が付いていない専用の脂肪吸引カニューレを脂肪層に挿入して陰圧をかけ、ベイザー波によってドロドロに溶けた(バラバラにほぐれた)脂肪を吸引します。
従来の脂肪吸引は、刃が付いた脂肪吸引カニューレによって脂肪組織を崩しながら削り取るように脂肪を吸引していたので、出血も多くダメージも大きなハイリスク手術でしたが、ベイザーリポは血管や神経、線維組織が壊れにくいため、大量の脂肪を吸引できるのに安全で回復が早いのがメリットです。

5.手術後の固定

ベイザーリポでは手術後に浮腫みを溜めないことが重要なので、吸引範囲に応じて補正下着、サポーターなどを使って圧迫固定を行います。

6.手術後の通院スケジュール

術後2日目または3日目に一度ご来院頂き、手術後の固定を外して手術部位のチェックを行います。
術後7日目前後にご来院頂き、抜糸を行います。治療のための通院は以上で終了です。
その後は1か月後、3か月後、6か月後に経過を拝見させていただきます。(経過の通院は強制ではなく任意です。)

無料メール相談 無料カウンセリング予約