バストやヒップに
コンデンスリッチ脂肪注入

バストやヒップにコンデンスリッチ脂肪注入

脂肪吸引と脂肪注入を組み合わせるのは、異物を使わず、メリハリのあるボディラインを実現できる理想的な方法です。

それなのに長年、脂肪注入による豊胸は効果がない、危険な方法だと言われ続けてきました。
従来の方法で吸引した脂肪をバストに注入する場合、脂肪が塊状で注入されるために定着率が低く、バスト内部にしこりや石灰化が生じてしまう可能性があるからです。

このため豊胸と言えば、シリコン製のバッグを胸に埋め込むプロテーゼ法が古くから行われてきました。

しかしプロテーゼ法では、仰向けに寝ると形が浮き出る、人工的な感触、硬くなったり筋が浮き出てきたりすることもあるなど、様々な問題があります。
仮に手術後しばらくの間は問題がないとしても、将来加齢によってバストの皮膚や乳腺が薄くなれば、大なり小なり、何らかの問題は起こります。

シリコンバッグの素材は年々改良されていますが、バストに異物を埋め込むことに違いはないので、これらの問題は今後も解消されることはないでしょう。

豊胸手術にはこうしたジレンマが付きものでしたが、ベイザーリポとコンデンスリッチ技術の開発によって、状況が一変しました。

ベイザーリポで吸引した脂肪は、従来の脂肪吸引とは違い脂肪細胞がバラバラにほぐれているので、 注入脂肪が塊になりにくく、定着率は格段に良くなります。

当院ではさらに、ベイザーリポで吸引した脂肪にコンデンスリッチ処理を行ってからバストへの注入を行ないます。

コンデンスリッチ処理とは、吸引した脂肪から血液、麻酔液、吸引時に壊れた脂肪細胞を特殊なフィルター付きの専用シリンジに移して遠心分離することによって取り除き、定着しやすい健常な脂肪細胞と脂肪幹細胞のみを濃縮する処理のことです。

ベイザーリポの吸引脂肪にコンデンスリッチ処理を行うことにより、注入脂肪の定着率はさらにアップし、しこりや石灰化の原因物質も取り除くことができます。

ベイザーリポの吸引脂肪にコンデンスリッチ処理を行い、専門医が適切に注入すれば、極めて安全に効果的に自分の脂肪でバストアップ(豊胸)することができます。

現在シリコンバッグが胸に埋め込まれている場合、将来の安心のためにバッグを取り出して、バストに脂肪注入することも可能です。

コンデンスリッチ豊胸 専門サイト

ヒップアップ、脚長効果を狙って、お尻の下の方の脂肪は吸引して、お尻の上の方にはコンデンスリッチ処理した脂肪注入する(コンデンスリッチ豊尻術)、という組み合わせ治療も効果的です。

無料メール相談 無料カウンセリング予約