お腹・ウエスト・太もも・二の腕などの脂肪吸引はベイザーリポでより安全・効果的に。認定医が担当

ベイザーリポ脂肪吸引なら、銀座みゆき通り美容外科


ベイザー手術の画像で見る体験談

何よりも優先すべきは、安全です。

脂肪吸引手術を意識がある状態で行うと痛みや恐怖感などの辛さを伴うため、多くの場合、静脈麻酔や全身麻酔などを使用して、無意識の状態で手術が行われます。
特に全身麻酔の場合、医師がきちんと麻酔の管理をしないと呼吸が止まったり、血圧が急激に下がったりするなど、生命に関わるトラブルが発生するリスクもあります。

大学病院など大きな病院では、安全性を考慮して全身麻酔は麻酔科医が担当し、手術は外科医が担当するという分業制が当たり前です。
ところが美容クリニックの中には、医師が一人で全身麻酔と手術の両方を行っている場合があり、いつ医療事故が起きても不思議ではありません。

当院で全身麻酔手術を行う際には、血液検査、胸部レントゲン、心電図などの術前検査を行って健康状態を十分に把握し、麻酔は麻酔科を専門とする医師(麻酔科専門医、麻酔科認定医)が担当し、執刀医は手術に専念する、分業体制で行っています。
また、手術室には医療ガスの中央配管システムを導入し、最善の麻酔管理を行うことができる体制を整えています。

安全のため、医療事故を防ぐための当院の取り組み

担当医によってデザイン・仕上がりは違います。

脂肪を吸引するのは簡単です。
少しコツを教えれば、研修医でもすぐできるようになります。

しかし脂肪を吸引して美しいボディーラインに仕上げるのは簡単ではありません。
担当医のデザインセンスと技術力によって、脂肪吸引の仕上がりには大きな差がついてしまいます。

美容外科はいわば職人技。
長年修業した一流の料理人が作る料理と、アルバイトでも作れるファーストフードの料理が違うように、医師のレベルによって手術の仕上がりは当然違います。

医師の技術の品定めは簡単ではありませんが、症例写真は一つの目安になります。

当院の院長が担当した症例写真

当院院長のプロフィール

脂肪吸引の修正は簡単ではありません。

不運にも脂肪吸引で失敗された場合、当院では他院手術の修正手術もお引き受けしています。
しかし脂肪吸引の修正手術は、ほぼ例外なく困難です。

脂肪の取り残しを追加で吸引するのは簡単ですが、修正を希望する方のほとんどは、脂肪の取り残しよりも取られ過ぎて凸凹やたるみになっています。

中には、どうやったらここまで凸凹やたるみが作れるのだろうと首をかしげたくなるような気の毒なケースもあります。
しかも、特定のクリニックや医師が同じミスを繰り返している場合が多いように感じます。

他院修正手術のために当院にお越しいただいた場合でも、誠心誠意、ベストを尽くしますが、それでも初めから当院で手術した場合と同じレベルまで改善させるのは難しい場合が多いです。

初めから当院にお越しいただければ、決して凸凹やたるみで困らせるような脂肪吸引はいたしません。
必ず満足していただける手術結果を出すことをお約束いたします。

ベイザーリポで失敗のリスク




Copyright (C) 2013 銀座みゆき通り美容外科  All Rights Reserved.
※このサイトに掲載されている内容(データ)は銀座みゆき通り美容外科が有するものであり、無断転載及び、無断使用は一切禁止いたします。

ページのトップへ戻る